どうなるソフトバンクの外野 バレンティン加入濃厚で上林は

西日本スポーツ

 ソフトバンクの上林誠知外野手(24)がレギュラー再奪取へ黙々と汗を流している。

 チームが獲得を目指しているウラディミール・バレンティン外野手(35)は2日、ヤクルトの保留者名簿から外れ自由契約選手として公示された。ソフトバンクの外野には柳田、中村晃グラシアルら実績のある選手がそろっており、バレンティンの加入が決まった場合はさらに競争が激しくなることは明白だ。

 同じ外野の一角を争う上林は2016、17年と2年続けて規定打席をクリアしたが、今季は故障の影響もあり出場99試合で規定打席には届かず。最後まで低迷し打率は1割台にとどまった。それでも「自分は自分のやるべきことをしっかりやる。それだけですよ」と言い切った。

 2日は福岡・筑後のファーム施設で自主トレーニング。ランニングのほかマシン打撃など、約3時間にわたって精力的に汗を流した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ