西武榎田ダウン更改4800万円でサイン「見つめ直して」

西日本スポーツ

  西武の榎田大樹投手(33)が3日、契約更改し、700万円ダウンの4800万円でサインした。阪神から移籍した昨季は11勝を挙げたが、今季は4勝にとどまった。また、中継ぎとして今季26試合に登板した平良海馬投手(20)がは倍増の1200万円で、右翼の先発に定着した木村文紀外野手(31)は2140万円アップの4500万円で更改した。(金額は推定)

 榎田「肩をけがしてスタートからうまくいかなかったのが、影響してしまった。けがをすると響いてしまう。体も技術も見つめ直してやっていきたい」

 平良「(交渉は)緊張してあまり覚えていないです。いろんな場面で投げることができて、いい経験になった。来年は50試合に投げたい」

 木村「スタメンは大変だと感じたけど、毎日楽しかった。この数字で優勝に貢献したと言いたくない。最低でも打率2割6分は打てるように。自主トレから打ち込みをやっていく」

 

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ