侍J小久保前監督「記念すべき日」 ロッテ井口監督と除幕式出席

西日本スポーツ

 ともにホークスで活躍した野球日本代表「侍ジャパン」前監督の小久保裕紀氏(48)とロッテの井口資仁監督(45)が6日、母校の青山学院大学で、プロ通算2000安打を達成して作られた記念プレートの除幕式に出席した。

 プレートには、それぞれの大学時代とプロ入り後の略歴が記されている。ソフトバンク時代の2012年に記録に到達した小久保氏は「いい時ばかりではなく、苦しい時期を乗り越えて、記念すべき日を迎えられた。これから育っていく後輩たちの励みになってくれれば」と目を細めた。

 井口監督は福岡ダイエー(現ソフトバンク)から米メジャー、ロッテを経て、13年に日米通算2000安打を達成。「大学1年の時、4年生だった小久保さんに追いつき、追い越したいと思ってやってきた。今、チームは2部(東都リーグ)なので、1部に昇格するのを楽しみにしている」とエールを送った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ