井上ら準決へ 開設69周年記念 【佐世保】

西日本スポーツ

 佐世保競輪のG3開設69周年記念「九十九島賞争奪戦」は6日、2予Aの4個レースをメインに2日目が行われた。9Rは伏兵の柿沢大貴が、8番手2角捲りを決めて勝利。10Rは4番手外並走の山中秀将が、終1半からスパートして押し切った。11Rは荒井崇博が、先行の上田尭弥後位からBS番手捲りで白星。12Rは高橋陽介が、終1半から自力発動した上原龍に切り替えて直線強襲し、1着でゴール。地元の井上昌己は3着だった。7日は準決3番が戦われる。10Rは和田健太郎、11Rは古性優作、12Rは井上を本命視する。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ