村田奈穂が初V、鈴木涼介は2度目V ミッドナイトF2ガールズ 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のミッドナイトF2ガールズ戦(岸和田市主催)は最終日の6日、6Rでガールズ決勝、7Rでチャレンジ決勝を争い、ガールズは村田奈穂(28)=熊本、チャレンジは鈴木涼介(33)=福島=と、ともに7月にデビューのルーキーが優勝。村田は待望の初優勝を遂げた。

 ガールズは、カマシ逃げの南円佳を梶田舞が追い詰める展開。6番手にいた村田は2角から捲りを打つと、好スピードでぐんぐん前進。前団のあおりをイエローラインまで上昇しながらかわすと、直線でも軽快に伸びて、先に追い込んだ梶田を抜き去ってトップでゴール線を通過した。

 村田は「まさか優勝できるとは。うれしい。実感が湧かないです」と第一人者・梶田を破っての初Vに驚きの表情。ただレースは、「展開を見て、捲ろうと思って構えていた」とVへの準備は万端だった。再開を待つ熊本にニューヒロインが誕生した。

 チャレンジの鈴木涼介は最後方に待機。単騎逃げの浜田翔平を田中大我が番手捲り、山本修平が中団捲りを打ったが、しっかりタイミングを取った鈴木は2角すぎに踏み出すとスムーズにスピードを乗せて最後まで伸び切り、前団6人を一気に下した。

 2度目のVに鈴木は「デビュー戦以来、優勝できていなかったのでうれしいです」と出だしが順調だっただけに、やっと訪れた再びの歓喜にしみじみ。「どんどん調子が上がってきたので、これからも優勝できるように」と次戦(20日~豊橋)へと視線を向けた。

【次回小倉ミッドナイト開催】
12月11~13日
L級ガールズ戦(2個レース)、A級3班チャレンジ戦(5個レース)

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ