J1最終節どうなる残留争い5チーム 鳥栖と清水は直接対決

西日本スポーツ

 J1は7日がリーグ戦最終節で、同時開始の全9試合が午後2時から行われる。

  優勝を争う首位の横浜M(勝ち点67)と2位FC東京(同64)は日産スタジアムで直接対決。横浜は勝つか引き分け、負けても3点差以内で15年ぶりの優勝が決まり、FC東京は4点差以上の勝利で初めての頂点に立つ。

  一方で残留争いも最後までもつれた。17位磐田と18位松本の降格が決まり、未確定はJ1参入プレーオフに回る16位。可能性があるのは12位以下の5チームで名古屋、浦和、鳥栖、清水、湘南の最終節の結果が注目される。

  このうち鳥栖と清水は直接対決で、清水のホームで対戦。現在勝ち点36で並んでおり、得失点差は鳥栖がマイナス20、清水がマイナス25。鳥栖は引き分け以上、負けた場合は湘南が引き分け以下(湘南が引き分けの場合は得失点差)、清水は勝ちまたは引き分けた上で湘南が引き分け以下、負けの場合は湘南も負けた場合に、それぞれ残留が決まる。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ