ソフトバンク内川「時間がたったんだな」思い出の地で描く夢

西日本スポーツ 鎌田 真一郎

 ソフトバンクの内川聖一内野手(37)が「吉兆スタジアム」からの再出発を誓った。8日、福島県いわき市のいわきグリーンスタジアムで野球教室を開催。東日本大震災の復興支援試合として同球場で行われた2013年の球宴第3戦ではMVPに選ばれ、同球場で野球教室を開催した翌年の16年は打率3割4厘をマークした。来季20年目の内川にとって運気の高まりを感じさせる地だ。

 教室には212人の小中学生が参加。キャッチボールを終えた内川は最後にバットを握った。ホームベース付近からのロングティーを披露。「子どもの期待を超えないといけないと思って、最後は久々に力を入れて振った」。打球が場外に消えるのを見届けた子どもたちが絶頂に達する。その興奮ぶりを目にした内川も満足げだった。

 「自分が野球教室をするきっかけをつくってくれた球場。(天候が)晴れてふれ合えてて良かった。前回の野球教室をした次の年も(成績が)よかった験がいい場所。どこでもそうだけど、また一年頑張ろうという力をもらえる」

 東日本大震災からの復興の一助にと、MVPの賞金を元手に14年オフから始めた福島県での野球教室も今年が6度目となった。同県で初めて行われた6年前の球宴では招待された子どもたちが観客席スタンドを埋め尽くしたが、この日の野球教室の参加者であの球宴を生観戦し子どもたちは数えるほど。「時間がたったんだなと思う」。改めてそう実感した内川は「(教室で)ふれ合った子といつかプロの舞台で再会するのが夢。そのためにも長く続けたい」と福島に思いを寄せた。 (鎌田真一郎)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ