ソフトバンク高橋礼3・5倍5000万円 新人王、侍ジャパンも査定に

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク契約更改交渉(9日)

 パ・リーグ新人王に輝いた高橋礼投手(24)が今年の年俸1400万円から3・5倍以上、3600万円アップとなる5000万円でサインした。

 会見では「本当に日本一の査定。侍の活躍と新人王も評価の中に入れてもらいました」と破顔した。

 2年目の今季は開幕から先発ローテ入りしたアンダースローは、3月31日の西武戦でプロ初勝利。23試合12勝6敗、防御率3・34でチームの日本一に貢献した。11月の国際大会「プレミア12」では侍ジャパンの一員として世界一を達成。年間を通してフル回転し、球団では10年ぶりの新人王となった。

 ルーキーイヤーだった昨年はシーズン12試合に登板して0勝。日本シリーズで登板するなど存在感を示したものの、オフの契約更改交渉では「金額ではなく自分に不満」と200万円増にも渋い表情を見せていた。その席で「まずは勝ち星を挙げて、一年間戦い続けたい」と誓っていた通りの2年目となった。(金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ