古賀稔彦総監督が語った素根の強さ 母校で東京五輪代表決定会見

西日本スポーツ 末継 智章

 柔道女子78キロ超級で東京五輪代表に決まった素根輝(19)=福岡県久留米市出身=が9日、在籍する岡山市の環太平洋大で会見し「決まった瞬間はほっとした気持ちが大きかったけど、これからは責任と覚悟を持って練習に取り組む」と金メダルへの決意を語った。

 会見に同席したバルセロナ五輪71キロ級金メダルの古賀稔彦総監督からは「彼女は相手が組み手を妥協したところで技を瞬時に選択できる。今取り組んでいる柔道を強化すれば金メダルは必ず近づくので自分に自信を持ってやってほしい」とお墨付きを得た。今後も変わらず大学や東京、母校の南筑高(福岡県久留米市)で練習する予定。素根は「まだまだ足りないところだらけ。誰にも負けないパワーをつける」と座右の銘にしている「3倍努力」を続けて自信を高める。(末継智章)

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ