【クローズアップ】島村新ペラも「大丈夫」

西日本スポーツ 深堀 慎一郎

 地元SGへと続く道のりを少しだけ前進した。「出られるものなら出たいです」。来年7月の地元鳴門でのオーシャンカップの出場権を頭の隅に入れる島村隆幸(28)=徳島=が、得点率6・50で予選突破に成功。選考条件の「G1・G2優出ポイント」はまだない状態だが、獲得する可能性をきっちりつなげた。

 エンジンは前検から軽快で伸びが評判。インから逃げたこの日も「バランスが取れて、いい足でした」と手応え十分の動きだった。ただ準優は、何と新ペラに交換。それでも「ずっとひびは入っていたが、予選の間は我慢と決めていた。大丈夫です」といわば想定内で、不安を一掃。レース後は全ての時間をペラ調整に費やして5日目に備えた。

 準優は4号艇。内には支部の先輩・田村隆信で「ぜひ田村さんと…」。徳島ワンツーで、さらに歩を進める。(深堀慎一郎)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ