西武山川「やっぱり悔しさはある」MVP奪還宣言に森は冷静

西日本スポーツ

 山川が後輩の森からの最優秀選手(MVP)奪還に意欲を示した。2年連続本塁打王に輝いたが、夏場の不調が響き、2年連続のMVPとはならなかった。「やっぱり悔しさはある。取り返したい。そのためにはチームの優勝が欠かせない」と先を見据えた。10日は森、佐藤と埼玉県内でのイベントに参加。公私ともに仲の良い山川の言葉を、森は「まずは優勝することが大前提。MVPは、その後についてくるものだと思う」と冷静に受け止めた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ