松坂憂う西武投手陣の現状「僕が戦力として…」

西日本スポーツ

 来季14年ぶりに古巣復帰する西武の松坂大輔投手(39)が11日、東京都内のホテルで入団会見を開いた。「手短にお願いします」で始まった会見は約30分に及び、西武の現状についても語った。

 古巣復帰を決意した経緯については「すぐに声をかけていただいたのはライオンズ。何にも迷うことはなかった」と説明した。「アメリカから帰って、ホークス、ドラゴンズと他のチームを経験したけど、ライオンズに戻ってこられたのは家に帰ってきた感覚」と話した。

 西武の印象は「自分がいた頃は投手力を中心とした守り、機動力のチームだった。離れてからは強力打線のイメージ」と答えた。リーグ2連覇を果たしたが、防御率は2年連続ワーストと投手陣の課題は顕著。「投手の現状を話には聞いているが、詳しくは分からない。今の僕が戦力として考えられているというのが、ライオンズの投手陣の現状。選手として悔しい気持ちを持っていると思う。自分ができること、聞かれれば教えたりするけど、それがメインとは思っていない。今の僕には人のことを考えられる余裕はない。自分ができることを必死にやるしかない」と語った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ