札幌開催「決め方に問題」 九死に一生のランナー鯉川さん提言1 

西日本スポーツ

 暑さ対策で会場が札幌市に移った東京五輪のマラソンと競歩の開催地問題は、マラソンのコースが決定しないなど「2020年」を目前に落ち着かない年の瀬を迎えている。「真のアスリートファースト(選手第一)を考えるきっかけにしてほしい」―。鯉川なつえさん(47)は1995年9月3日、ユニバーシアード福岡大会の女子マラソンでトップを独走しながら、残り3キロでふらふらとなり、コースを逆送したり迷走したりした末に倒れた。高温に加えて高湿度の酷暑が招いた熱中症だった。衝撃的な姿は強い印象を残すとともに、酷暑の怖さを世間に知らしめた。「九死に一生を得た」と24年前を振り返る鯉川さんは、今回の「札幌開催」に至る一連のプロセスをどう受け止めたのか、伺った。 (聞き手・構成=西口憲一)

―今回の札幌開催をどう受け止めていますか

 「札幌」や「東京」といった開催地の問題よりも、決め方に対してこれだけのハレーションが起きたのではないでしょうか。私が走った95年のユニバで「福岡が危ない」という議論は交わされていませんでした。暑いので早くスタート(午前7時)させようという配慮はあったと思います。今はさまざまな立場の人がいらっしゃる。アスリートはもちろん、国際オリンピック委員会(IOC)や日本オリンピック委員会(JOC)、競技運営やボランティアの方々がいろんな意見を持ち寄って大会は運営される。私たちの時代はインターネットもありませんでした。誰が何を言って、どういうふうに決まるのか選手の立場では見えません。でも、それなりの人がそれなりのエビデンス(根拠)を持ってやってくれていると理解していたので「主催者が決めたことに従ってレースに臨む」との考えが当然でした。情報がオンタイムでアスリートの耳、目に入ってくる現代社会。口にしたことが取り消せないぐらい、情報が満ちあふれて動いているからこそ、責任は重いはずです。この意見を誰がどのようにしてまとめるのか、非常に難解なテーマですね。

―IOCからの”通告”のような形での提案でした

 単純に「もう一回ちゃらにして(開催地を)話し合うチャンスができた」ことに関しては、グッドタイミングと思いました。

―スタート時間については

 私はもともと夜スタートを望んでいました。早朝に関して気温は日中に比べて低いかもしれませんが、選手がきつくなるレース終盤に日が上がってスタート時よりも気温が上がってしまうのが問題なんです。少しでも安全性を高めるために、気温が下がっていく夕方から夜にかけての実施を検討するとか…。東京も熱帯夜なので何とも言い難いところですが、少なくとも日差しは遮れる。過去に夜レースもあったわけですから。銀座とか夜でも明るいわけじゃないですか。逆にイルミネーションで神秘的だったりもしたでしょうし。

 IOCのジョン・コーツ調整委員長と東京都の小池百合子知事の話し合いの場に日本陸上競技連盟や気象情報会社のウェザーニューズ、スポーツ医科学班の方々はいらっしゃらなかったようですね。本来、それぞれの立場で日本に精通しているスペシャリストの方々の考えがあってもよかった。「これまでの研究だったり取り組みだったりはいつ活用させるの?あまりにももったいないんじゃないの?」と素直に感じました。陸上って室内競技ではありません。天候がどうなるとか、誰も予測ができない。雨も雪も降るし、風も吹く。出たとこ勝負なんですよ。選手は日々の練習で準備をしている。突風だろうが雨だろうが練習をしている。極端な話、雷以外はレースはあります。陸上の選手ってヤワじゃありません。けれども、やっぱり暑さが半端なかったりすると厳しい。想定の範囲で気象状況のミニマム(最小限)とマキシマム(最大限)を抑えておけば、準備はできるのではと考えます。

 もう一つ言わせていただくと、過去の五輪で、この時期(12月)に翌年の五輪の日本代表選手は完全に固まっていません。たまたまマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を実施したから決まっているわけ。他国も、そんなに代表選手って決まっていないんじゃないでしょうか。よっぽどのスーパースターは別にして。

―今回の開催地変更案は「アスリートファースト」の名のもと、IOC主導で強引に打ち出された

 仮に私が今、福岡に住んでいるとします。そこに誰か友達が遊びに来るとしますよね。そうしたら「観光に行くなら太宰府が良いよ」とか「ラーメンだけでなく、うどんもおいしいよ」とかアドバイスをするわけじゃないですか。開催国なんだから持っている情報を提供する。今回の件でいえば「東京は危ないので札幌にした方がいい」とかを東京都の小池知事や日本陸連から提起されたのであれば「なるほどな」と納得がいく。でも、最高機関のIOCサイドから言及されたことによって、アレルギー反応が出た気がします。

―東京五輪が決まったのが2013年の秋でした。議論すべき時間はあったようにみえる

 やはり決め方の順番に一考の余地があったのではないでしょうか。東京でやることが前提ならば、安全な環境づくりの材料は「コースとスタート時間」しか残されていないと感じていました。

(2につづく)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ