ソフトバンク和田が松坂に祝福メッセージ 返事は「内緒です」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの和田毅投手(38)が11日、同学年で長年のライバルでもある松坂大輔投手(39)の西武復帰を心から祝福した。

 この日はヤフオクドームで練習。松坂の入団会見後に「西武への復帰おめでとう。また西武のユニホームを見られるのはうれしい」と祝福のメッセージを送ったことを明かした。

 返信内容については「内緒です」と明かさなかったが「西武のユニホームを着た大輔を見られるのはうれしい」と繰り返し強調。「同一リーグで対戦する機会もあると思うので、しっかり投げられるようにレベルアップしたい」と自らに言い聞かせた。松坂の前回西武在籍時、2人は8度投げ合って2勝5敗と和田が負け越している。最後は松坂が海を渡る前年の2006年3月30日だった。

 来年投げ合いが実現すれば14年ぶりとなる。左肩の故障明けで今季4勝に終わったベテラン左腕は「同い年だけど、新人の時から雲の上の存在。当時、あのすごかったホークス打線を抑えているイメージしかない。また対戦できるように、まずは先発ローテを勝ち取ることが大事」と最低限の目標を設定することも忘れなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ