侍稲葉監督が語った稲葉ジャンプ巡る福岡の攻防

西日本スポーツ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)が12日、福岡市の「ベースボールパークスタンドイン福岡店」でトークショーを行い、福岡との“縁”を語った。

 「実は現役最後の打席が福岡なんです」と記憶をよみがえらせたのは、現役最終年だった2014年のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ。最終戦の第6戦で4点を追う9回に代打で登場したが「力ないキャッチャーフライに終わって…」。その後、1点を返したものの日本ハムの敗退が決まった。「でも、そのあとマッチ(松田宣)と内川が他の(ホークスの)選手を連れてきてヤフオクドームで胴上げをしてもらったのは、いい思い出」としみじみと語った。

 ただ、そこに至る伏線があった。第5戦は7回に代打で登場した稲葉監督の安打が呼び水となり、日本ハムが4点差を逆転し最終戦に持ち込んだ。「ホークスファンも稲葉ジャンプをしてくれていたんですけど、最後のヒットを打った試合で大逆転して勝ったら、最後の試合はファイターズファンだけが稲葉ジャンプをしてくれて…分かりやすいな、と思いました」と話し来場者を笑わせた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ