ソフトバンク甲斐野、兄2人とビーチでカニ捕獲 五輪もゲットへ

西日本スポーツ 倉成 孝史

 【ホノルル(米ハワイ州)倉成孝史】兄のためにも五輪出場! 福岡ソフトバンクの甲斐野央投手(23)が16日(日本時間17日)、東京五輪代表入りを誓った。初のV旅行には家族7人を招待しているが、連日のように大の仲良しの3兄弟で大はしゃぎ。「プレミア12」で活躍する姿を見て号泣したという兄2人は五輪出場を熱望し、末っ子右腕も、それに応える意気込みを示した。

 今季新人ながらチーム最多の65試合に登板し侍ジャパンでも大奮闘した疲れなど吹き飛んだ。初参加となったV旅行。甲斐野は感謝の思いから、両親と兄2人だけでなく、自費で兄の家族を招待した。「めったに家族とは過ごせないので、楽しみたい」。兄2人とは年が離れていることもあり、かわいがられて育ったという末っ子は、頼もしく常夏の島でこれ以上ない恩返しをしている。

 甲斐野家の中でも、連日ハワイを満喫しているのが、会社員で長男の祐大さん(32)と画家で次男の耕一さん(29)だ。到着直後から3兄弟で家族全員分のアロハシャツを買い物に。祐大さんの息子2人も参加していることもあり、甲斐野が球団行事などに参加している時以外は、3兄弟一緒に海などで過ごし、常に爆笑の「甲斐野家新喜劇」が繰り広げられている。

■兄2人も元球児

 ハイライトは、晴天に恵まれた4日目だ。この日も家族一緒にワイキキビーチで楽しんでいたが、祐大さんが岩場に動くカニを発見。「甲斐野家は生き物を見たら捕まえる習性があるんです」と、すぐさま3兄弟での「捕獲大作戦」がスタートした。カニの動きが素早く、苦戦すること約30分。最後は3人の共同作業で捕獲に成功すると、子供のように喜びはしゃいだ。

 子供時代に戻ったような時間を過ごし、甲斐野は2年目へ向けて大きな力をもらった。兄2人はともに兵庫県内の強豪校で野球をしていたがプレーしたのは高校まで。それだけに甲斐野の入団が決まった際には、兄2人は「背番号20は素晴らしい番号。2020年(東京五輪)に出て20年間(現役を)やってほしい」と大興奮したという。

 甲斐野が勝利の方程式の一角として活躍したプレミア12を、祐大さんは東京ラウンド全試合観戦し、次男の耕一さんも甲斐野の好投後に号泣したという。9歳離れた弟を、祐大さんは常々「東京五輪に出ろよ」と激励。登録選手枠がプレミア12から4減の24人となるだけに、より狭き門になる。本人は「言うのは簡単だけど、正直すごく厳しい。まずはホークスのことを考えないと」としっかりと足もとを見据える。それでも「出るために頑張るわけじゃないけど、家族に喜んでもらえるように頑張りたい」と誓った。日の丸を背負い、3兄弟の絆をさらに強くする。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ