30万円増のソフトバンク野村 住み込みで松中氏の三冠王ボディーへ

西日本スポーツ 長浜 幸治

 ◆ソフトバンク契約更改交渉(17日)

 来季2年目を迎える野村が17日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、30万円アップの年俸630万円でサインした。自身初のオフは「平成最後の三冠王」松中氏を指導した島袋裕二トレーナーとの「住み込みトレ」を行い、来季の1軍定着を狙う。 (金額は推定)

 約1カ月にわたる台湾ウインターリーグ(WL)から16日に帰国したばかりの野村が初めての契約更改を終えて笑みを浮かべた。「打撃をすごく評価してもらえた。アップとは思わなかったので、モチベーションにつながります」。ルーキーシーズンの今季はシーズン最終盤に1軍へ昇格し、9月28日のオリックス戦で初打席初安打をマーク。球団の期待が表れた形だ。

 WLでもプレーオフを含む期間中の15試合で打率2割9分2厘と結果を残したが、「1年やってみて、まだまだ走りの部分や体幹が弱いと感じた」と課題に直面した1年でもあった。このオフは知人から紹介された島袋トレーナーとの肉体改造に取り組む。

 12月下旬と年明け後からの約3週間、主に福岡市内で住み込みのトレーニングに打ち込む予定だ。「シーズン中はウエートもなかなかできなかった。体を大きくして、来年は少しでも1軍にいられるようにしたい」。“三冠王ボディー”に変身し、2年目の飛躍を狙う。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ