城島氏明かす、王会長から「もうそろそろ」一問一答

西日本スポーツ

 日米球界で捕手として活躍した城島健司氏(43)が20日、福岡市内のホテルで、ソフトバンクの新設ポスト「会長付特別アドバイザー」への就任会見に臨んだ。一問一答は以下の通り(1)。

-久しぶりの記者会見

 皆さんの前に出るのが久しぶり。いつも(ローカル局のテレビ番組で)カメラ1台で魚釣りしてますけど、多いですねカメラ。

-15年ぶりにホークスと関わる

 野球界からは少し離れていたんですけど、ホークス球団に熱心に話をしていただいて。王さんに「もうそろそろ野球界に」という話を、まあずっと、いただいていたんですけど。この福岡という街、ホークスという球団に育ててもらいました。自分の野球の原点、考え方は王さんに全て教わってきたつもりですし。今の自分でも、何か少しでも力になることがあれば。

-タイミングに理由は

 特に(笑)。特に、って言うか、会長付特別アドバイザーっていう役職までつくってくれて。少しでもホークスに対して…そして今戦ってる工藤監督は、僕にキャッチャーのイロハを教えてくれた先輩。その先輩にも何か少しでも力を貸すことができればということで、今回のタイミングにはなったんですけどね。

-今のソフトバンクをどう見ているか

 あのー、正直、全く分からないというか。新聞とかテレビで見る情報しか入っていませんし。自分がいた時と選手も変わっていますし。現場がどういう状況かも全然分からない状況なので。まあ逆に言うと先入観がない。

 仕事も何するかも言われてません。逆に言うと何でもします。そういう先入観のない目で見た方がフレッシュでいいのかな、それが自分の仕事かなと。まず実際に自分の目で見ないと分からない。空気というか、そういうのは感じていきたいなと。

-何かやってみたいことも

 いやっ…何かしたいなっていうのは特にないんですけど(笑)。会長に「何したらいいですか?」っていうところじゃないですか。

-城島氏の会長付特別アドバイザー就任にあたり、王会長も球団を通じて期待のコメントを発表した

 ありがたいですね。野球界では本当に親父みたいな…本当に全てを教えてくれた方なんで。そう言ってもらえることは昔、野球人だった僕には非常にうれしい言葉です。

(2へつづく)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ