城島氏ホークス復帰 指導者の可能性問われ、含みも/一問一答

西日本スポーツ

 日米球界で捕手として活躍した城島健司氏(43)が20日、福岡市内のホテルで、ソフトバンクの新設ポスト「会長付特別アドバイザー」への就任会見に臨んだ。一問一答は以下の通り(2)。

-野球界への思いは

 スケールでかすぎますね、ちょっとまた(笑)。どうですかね、ホークスが今こうやってすごく福岡の街に認知されて、お客さんもたくさん入って。ほんと、それをつくりあげたのは王さんだと思ってるんです。自分たちがまだ弱かった時、お客さんもたくさんいなかったときに、ファンを集める努力を率先して、一人でされてました。

 僕がプロに入った時は、練習中にファンの人にサインなんかしてたら「早く次の練習に行け」って怒られてたのが「積極的にサインをしなさい」と言われたのも王さん。そういうのが引き継がれていっていると思うんです。だから今この素晴らしい球団。ファンの方に愛される。

 選手にそれを続けていってもらわないと。こういうことは、黙っててずっと続くもんじゃないので。(球団が)変わっていくのを僕は一緒にやってて見てたんで。この球団はやっぱり王さんの考え方が根本にあるチームで、そういうのを今後、向こう10、20、30と続けていけるような手助けができればなとは考えています。

-今後、指導者となる可能性は

 いやあのー、毎週日曜日、朝6時15分から、RKB(毎日放送)で絶賛放送中の釣り番組、来年継続しますので。どうでしょうねえ、ちょっと。まあ、まあ。まあでも来年はそういうきっかけというか。自分ができる、何か力になることがあればとは考えていますけど、まだ先のことまではちょっと。ビジョンはまだ見えてないですね。

-ファンへメッセージ

何年以来でしたっけ。15年離れて、野球界からもいっとき離れた。それでもやっぱり福岡の街を歩けば、いまだに声をかけてくれる方もいらっしゃるんですよね。野球人としてほんとにうれしいですし、この街が大好きですし。大好きな街のホークスが勝つこと、勝つことでお客さん、街の人が喜んでくれるなら。微力かもしれないですけど、少し力を貸せればなと思っています。久しぶり…本当に久しぶりですね。福岡の街で、ホークスに戻ってくることになりました。

-(球団が掲げる)世界一という大物をを釣り上げてください

 はい、頑張って釣りまーす。

(おわり)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ