ソフトバンク中村晃は現状維持2・4億「行列」北村弁護士は不在

西日本スポーツ

 ソフトバンク中村晃外野手(30)が20日、福岡市内の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の年俸2億4000万円プラス出来高で更改した。

 今季は自律神経失調症の影響もあり出場44試合。打率2割4分5厘、3本塁打、11打点にとどまった。昨年オフに4年契約を締結。獲得した出来高が翌年の年俸にプラスされる内容だが、来季は現状維持となった。

 「本当に悔しいシーズン。また来年しっかり試合に出られるように、一からスタートしていきたい」と決意も新た。バレンティンの加入もありレギュラー争いは激しいが「打てば(試合に)出られるし、打てなかったら出られない。ハッキリしてる。あんまり考えることなく、できることをしっかりやっていきたい」と話した。

 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」出演でも知られる北村晴男弁護士が代理人を務めるが、4年契約について内容の見直しがないこともあり、今回は同席しなかった。(金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ