枝尾がSG初勝利 ボート王国九州山口!

西日本スポーツ 荒木 翔吾

 もう止まらない。2nd初戦は4着だった峰竜太が、絶好1枠だった2回戦で軌道修正に成功。それだけでなく「出足がというより、エンジンの総合力が鬼」と表現するほど機力は噴き上がる。TR最終戦は5号艇。昨年、最終戦で白星を挙げてV戦1号艇をつかんだ枠番と同じだ。「神様が見せ場をつくってくれた。その期待に応えてこそスーパースター」。ボルテージは最高潮に達した。

 瓜生正義は6、4着でいよいよ崖っぷち。「進入で動けば入れると思った。ただ、S展示から反応が悪くて…」と2回戦は痛恨のS遅れが大きく響いた。しかし、勝負の女神はまだ見捨てていない。TR最終戦の抽選で出た玉は、誰もが欲しがる1号艇。「可能性は残った。全力で頑張る」と力を込めた。大逆転の特大ホームランを打ち上げる。

 シリーズ組は準優1号艇を射止めた篠崎元志をはじめ、6人が準優入り。SG初出場の枝尾賢は、予選ラストの4Rで5カドまくりを決めて初白星。「次はいつSGに出られるかわからない。1勝したいと思っていた」と目標を達成するだけでなく、3日目の不良航法(減点7)を見事に挽回。予選突破とおまけが付いた。「コースは遠いけど、楽しみたい」。この勢いで、SG初優出まで駆け上がる。 (荒木翔吾)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング