ソフトバンク和田と大竹が攻め方を宣言、移籍した福田を挑発

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの和田毅投手(38)と大竹耕太郎投手(24)が21日、ロッテにFA移籍した福田秀平外野手(30)と“初対戦”した。

 3選手は熊本市のリブワーク藤崎台球場で行われた野球教室に参加。その冒頭、まずは和田がマウンドに上がり2打数無安打に抑えたが、後を継いだ大竹は2打席目に内角の直球を右越えの二塁打とされ“移籍後初安打”を献上した。

 和田が「インコースを投げていく」と予告すれば、大竹は「初球はカーブで行きます」とシーズンでの対戦に向け不適な笑みを見せた。“挑発”を受ける形となった福田も「もう駆け引きは始まっている。惑わされない」と一歩も引くことはなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ