白井“ホークス魂でV”だ SGグランプリ 【住之江】

西日本スポーツ

 破格の優勝賞金1億円を懸けた戦いも、いよいよグランドフィナーレだ。史上初のナイター開催となった住之江ボートのSG「第34回グランプリ」は最終日の22日、12Rで優勝戦を行う。21日のトライアル(TR)3回戦は、12Rで2連勝中だった毒島誠が6着大敗。その12Rで鮮やかなまくり勝ちを決めた石野貴之が得点トップに浮上。V最短の1号艇を獲得した。人気の中心はもちろんグランプリ初制覇を狙う石野。だが石野以上に虎視眈々(たんたん)と目を光らせる男がいた。4号艇・白井英治(43)=山口=だ。2年連続3度目のファイナル進出を決めた山口支部のエースは、自身初のTR1stからの勝ち上がりと流れはガッチリつかんだ。あとは強い精神力、そして3年連続日本一に輝いた“ホークス魂”を武器に、頂点に輝くだけだ。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング