寺﨑、菊池が初の早期卒業 競輪・第117期生

西日本スポーツ

 JKAは23日、日本競輪選手養成所(滝沢正光所長)第117期生(来年3月卒業予定)の寺崎浩平(25・福井)と菊池岳仁(19・長野)が、5月と9月の記録会でゴールデンキャップを獲得するなど所定の成績をクリアし、早期卒業が決定したと発表した。今回の認定は、2006年に同制度が導入(今年5月に一部規則を改定)されて以来初。今後は、25日に同養成所で早期卒業証書授与式が行われ、寺崎が来年1月16~18日の和歌山F2で、菊池が同19~21日の岐阜F2でそれぞれデビュー戦を迎える予定。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング