西武多和田が開幕絶望的 自律神経失調症、渡辺GM「見通し立たない」

西日本スポーツ

■契約を保留

 西武は23日、多和田真三郎投手(26)が自律神経失調症であることを公表した。チームで唯一来季の契約を更改していないため、契約保留選手として回復を待って交渉する。球団は9月に頻脈性不整脈と診断されたと発表していた。

 本人の同意を得た上で公表に踏み切ったことを明かした渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「復帰を目指しているが現時点では見通しが立たない。難しい病状なので慎重に進めてきた」と説明。今月に面談し、多和田はダンベルを使ったトレーニングなどは自宅で行っているという。

 多和田は3年目の昨季16勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得。今季は開幕投手を務めたが状態が上がらず、12試合で1勝6敗、防御率5・83に終わった。現状では復帰の時期が見通せず、来季開幕も絶望的とみられる。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ