ソフトバンク千賀のポスティングに球団「継続して話し合う」

西日本スポーツ

 23日のソフトバンク千賀との契約交渉に同席した三笠ゼネラルマネジャー(GM)は、12球団で唯一利用していないポスティングシステムに関して球団としてのスタンスを改めて示した。「後藤社長のコメント通り、われわれとしては大きく方針を変えているわけではない」と説明。11月末のオーナー会議出席後に「ポスティングとどう向き合うかについては従来と変わらない」とした後藤社長の言葉通り、基本的には認めない方針を強調した。

 一方で、後藤社長は同会議後に「何が何でも駄目だとは考えていない。トータルでチームにどんなメリットがあるのかというロジックを考えていく」と球団として軟化する姿勢があることも併せて示していた。三笠GMも「話し合いに応じないわけではない。継続して話し合っていく」と、将来的な判断については含みを持たせた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ