ソフトバンク、年俸1億円以上が続々 過去最多は14人

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク契約更改交渉(23日)

 ソフトバンクの千賀が年俸1億4000万円増で更改した。ソフトバンクの日本選手で1億円以上増は昨オフに森が1億3000万円→2億8000万円にアップして以来で、投手で年俸3億円以上は18年の和田、摂津(いずれも4億円)と五十嵐(3億6000万円)以来。

 来季年俸1億円以上の日本選手は千賀、中村晃、和田、明石に23日に初めて大台を超えて更改した甲斐が加わり、未更改の柳田、内川、松田宣、今宮、森が維持すれば10人。さらに増える可能性もある。1億円以上の日本選手最多は05年巨人と18年ソフトバンクで14人。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ