ソフトバンク柳田7年契約「バンクやろ~」超人一声が後押し

西日本スポーツ

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(31)が25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。来季が3年契約の3年目だったが、新たに来季からの7年契約を結び直した。

 最初の4年は旧契約を引き継ぐ形の年俸変動制で、来季は現状維持の年俸5億7000万円プラス出来高でスタート。4年終了後に内容を見直し、残り3年の条件を決める。

 米大リーグ挑戦への思いを封印する形にもなり「結構、考えましたし、周りの人にも相談しました」と言う。中でも影響が大きかったことを聞かれると、オフの自主トレをともにする阪神糸井の言葉を紹介し「『(ソフト)バンクやろ~!』って言ってました」と明かした。

 「ギータ(柳田)はバンクやろ!って。(根拠は)感覚じゃないですか。それだけ言われました」。敬愛する超人とのやりとりを、笑みを交えて振り返った。

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ