長崎西、総体2位に3点差の惜敗 主将「自分たちのバスケはできた」

西日本スポーツ

 ◆バスケットボールSoftBankウインターカップ全国高校選手権男子2回戦 長崎西79-82北陸(25日・東京)

 男子の長崎西は、今夏の全国総体2位で第2シードの北陸に3点差の惜敗だった。最後は相手の3点シュートの精度と、身長2メートルを超す留学生の高さで振り切られたが、互角の戦いだった。「勝敗は納得いかないけど、自分たちのバスケはできた」と山本主将。後輩たちに「自分たちのやろうとした守備、リバウンド、速攻を追求すれば全国で戦える。やってきたバスケを発展させてほしい」とエールを送った。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング