九州学院、王者福岡第一戦に闘志 監督は選手の底力に期待

西日本スポーツ

 ◆バスケットボールSoftBankウインターカップ全国高校選手権男子2回戦 九州学院76-44東海大札幌(25日・東京)

 男子の九州学院が堅守で王者への挑戦権を得た。試合開始早々に役割分担のずれでリードを許しながら、すかさずタイムアウトを取って修正。東海大札幌の攻撃を機能させず、簡単にシュートを打たせなかった。就任24年目の田中洋平監督は「(次戦の相手となる)福岡第一さんにウチが勝てるとは誰も思っていないでしょう。そんな中でどう立ち向かうのか」と選手の意地と底力に期待。福岡・浅川中出身の西村も「組み合わせが決まったときから第一に挑戦することを目標にしてきた」と闘志を燃やした。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング