FA秋山「1年で解任された」新主将源田に太鼓判

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使してメジャー移籍を目指す秋山翔吾外野手(31)が25日、ライオンズトレーニングセンターでの年内の練習納めを行った。「(移籍には)何も言うことはないけど、体だけはしっかりやっておこうと思う」と右足薬指骨折からのリハビリとトレーニングに汗を流した。

 年末年始もトレーニングは継続。年明けからは静岡・下田で自主トレを予定だ。「年明けから(強度を)上げていきたい。キャンプまでにしっかり準備できるように」と今後を見据えた。

 2連覇を果たした今季について「キャプテンをやらせてもらって、1年間だけど、すごく勉強になった」と振り返った。新主将に源田が就任することも発表され、「1年で解任されました」と冗談めかしながらも「(源田は)何も言われなくても投手に声をかけたり、チームバッティングをしたりと何も心配していない」と太鼓判を押した。

 球団もこの日が仕事納め。秋山は「最終日に練習に来られたので、あとはなるようになるしかない。ハワイで(渡辺)GM(ゼネラルマネジャー)から『応援しているけど、何かあって決まらなかったらうちはずっと待っている』と言っていただいた。ありがたいです」と球団に感謝を込めた。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング