松田宣の契約更改は越年が決定 ソフトバンクで唯一

西日本スポーツ

 ソフトバンクは26日で年内の契約更改交渉を終了した。

 残りは1人で、松田宣が越年となった。今季で4年契約が終了。三笠ゼネラルマネジャー(GM)は「話し合っている最中」とし、契約更改の時期については「日程は決まっていない状況」とした。

 松田宣は今季チーム唯一の全143試合に出場し、打率2割6分、30本塁打、76打点。三塁手として7年連続8度目のゴールデングラブ賞を獲得し、11月の国際大会プレミア12では日本代表の一員として初優勝に貢献した。今季年俸は4億円プラス出来高(金額は推定)。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ