ソフトバンク武田「ふがいない1年」ダウン更改8000万円でサイン

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク契約更改交渉(26日)

 武田は500万円減の8000万円で来季の契約を更改した。今季は開幕ローテーション入りも黒星が先行した5月中旬から中継ぎに配置転換され、先発復帰は8月以降と浮き沈みが激しかった。「チームに迷惑をかけてばかりでとにかくふがいない1年だった」と振り返った。自己最多の32登板で5勝3敗9ホールド1セーブ、防御率4・55と数字は残したもののシーズン後の11月に右肘を手術。「パワーアップして戻って来て、リーグ優勝するチームの輪に加わりたい」と来年5月中の実戦復帰に照準を合わせた。 (金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ