ベスト12が出陣 QC 【徳山】

西日本スポーツ

 いよいよ“真打ち”の登場だ。徳山ボートのプレミアムG1「第8回クイーンズクライマックス」(優勝賞金1500万円)は3日目の28日、ベスト12によるトライアル1回戦が始まる。注目のエンジン抽選では、ダブルエースの74号機は香川素子、39号機は長嶋万記の手に渡った。両者とも力強い動きに手応え十分。大外から見せ場をつくるか。賞金1位で登場の大山千広は機2連対率ナンバーワンの71号機。前検気配は平凡も、きっちり仕上げてインから白星発進を狙う。その他では寺田千恵、日高逸子が好ムードだ。

 同時開催のG3「クイーンズクライマックスシリーズ」(同200万円)は予選2日目が終了。オール2連対の金田幸子、出口舞有子、細川裕子、喜多須杏奈の4人が首位を並走する。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング