福岡第一が逆転で決勝へ 高校バスケ2冠王手

西日本スポーツ

◆バスケットボール全国高校選手権(ウインターカップ)男子準決勝 福岡第一71-59東山(28日・東京)

 今夏の全国総体覇者の福岡第一が逆転勝ちし、連覇へ王手をかけた。

 前半終了時点で10点ビハインドだったが、第3クオーターに河村勇輝主将(3年)が爆発。30-43の場面からフリースローや3点シュートを決め、一人で一気に8得点。そのまま勢いに乗り、逆転に成功した。
 東山には10月の交歓大会で敗れていた。現チームが高校生相手に唯一喫した黒星だったが、大舞台できっちりリベンジしてみせた。29日の決勝は、福岡大大濠―北陸(福井)の勝者と対戦する。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング