ソフトバンク今宮が来季20発を宣言

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの今宮健太内野手(28)が28日、来季自身初のシーズン20本塁打を達成することを誓った。

 今季も掲げていた目標ではあったが、万全ではない左太もも裏の状態にも苦しんで、満足のいかないシーズンとなった。それでも、出場106試合で自己最多タイとなる14本塁打をマーク。年々向上している打力には手応えも感じている。リーグ王者・西武とのクライマックスシリーズファイナルステージでは、1試合3本塁打を放つなどしてMVPにも輝いた。

 28日は大分市内の商業施設で行われた、アンダーアーマー社が主催するトークショーに参加。故郷のファンの前で色紙に目標をしたためて、「来季こそは20本を打ちたいし、必ずリーグ優勝と日本一になって、大分でいい報告ができるようにしたい」などと話し、大きな拍手を受けていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ