福岡第一が連覇 史上初福岡対決制す 高校バスケットウインターカップ

西日本スポーツ

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ、WC)は29日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男子の決勝があり、福岡第一が75-68で福岡大大濠に勝ち、2年連続4度目(2016年度大会までの全国高校選抜優勝大会を含む)の優勝を飾った。史上初となった福岡県勢同士の決勝を制した福岡第一は河村勇輝(3年)と小川麻斗(同)のダブル主将がチームを引っ張り、全国総体との2冠を達成するとともに、令和初の王者となった。福岡大大濠は2年ぶりの準優勝で、1993年度大会以来の優勝には届かなかった。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ