準決7Rは照井拓成が2角捲りで圧勝 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(チャレンジ戦7個レース)は2日、準決3番をメインに展開。5Rは宮下一歩が打鐘先行で快勝。6Rは野上竜太が鐘すぎ叩き先行で押し切り。7Rは国井裕樹と井坂泰誓の踏み合いを、照井拓成が2角捲りできっちりと仕留めた。

 最終日のハイライト7R決勝は、115期の5人によるV争いに注目。宮下を目標にする福田を本命に推したが、若手同士が意地を見せ合う一戦で波乱の展開も十分にありそうだ。

 

【7R決勝のコメント】
(1)野上竜太 フタをされたので、引いてから一気に踏みました。スピードは良かったし、調子も悪くないですね。自力で勝負。
(2)宮下一歩 初日よりも落ち着いてペースで走れた。ドームは走りやすくて、最後まで脚が残る感じ。福田君の前で自力。
(3)丸林一孝 別線は自分が離れるのを狙うような作戦でしたね。でも、そうはいきませんよ。野上君に意地で食らい付きました。また野上君へ。
(4)井坂泰誓 国井さんを叩けなかったし、内容も調子もあまり良くない。単騎で。
(5)福田 滉 何とか3着に届いた感じですね。調子は悪くないけど、展開が想定と全く違って厳しかった。いま一緒に練習している宮下さんに。
(6)桜井利之 宮下君の3番手を追走するのは作戦通り。あとは2着までに入れるかどうかでした。照井君に。
(7)照井拓成 落ち着いて走れましたね。前が踏み合いになったし、捲りやすくなった。自力で頑張る。


<各レースの見どころ>

(1R)大崎の先行一車だが、絶不調の後藤でも付け切れれば差せそう。
【3連単】1=7―245。


(2R)逃げイチの藤崎がうまく運ぶ。新村は前々に運んでタテ攻撃か。
【3連単】1=7―356。


(3R)古川大は復調まで時間が必要。古川喬のパワーが優勢で市川とワンツーだ。
【3連単】7=1―346。


(4R)竹村は初日同様の飛び付きもあるとみて、善方の粘り込みから。
【3連単】7=1―356。


(5R)岡嶋を予選で差し切った樋口が再び。高森「一人で」、細沼「単騎で」。
【3連単】1=7―245。


(6R)ライン3車の国井が先制して、岡崎が差す。近藤はよほどもつれない限りは…。
【3連単】7―1=4で十分。


(7R)先制意欲は宮下が一番と判断して、マーク福田を本命視。だが野上の反撃が早ければ照井の一発も五角。
【3連単】5=7―123。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ