東福岡、桐蔭学園に敗れ決勝進出逃す 全国高校ラグビー

西日本スポーツ

 ◆全国高校ラグビー大会準決勝 東福岡7-34桐蔭学園(5日・大阪・花園ラグビー場)

 3大会ぶりの優勝を狙った東福岡が、昨春の全国選抜大会、昨夏の全国7人制大会を制した桐蔭学園(神奈川)に敗れ、3大会連続で準決勝敗退となった。7日の決勝は桐蔭学園と御所実(奈良)の顔合わせとなった。

 全国選抜大会の準々決勝で桐蔭学園に21-67で大敗した東福岡は、0-14で迎えた前半21分ごろ、ナンバー8西浜悠太(3年)のトライで反撃。コンバージョンも決まって7-14とした。その後、相手に1トライ1ゴールを追加され、7-21で折り返した。後半にも何度か好機をつくったが相手の堅守にはね返され、逆に差を広げられた。東福岡は2大会続けて準決勝で桐蔭学園に敗れた。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング