鎮西・水町、親友との対決に快勝「昨晩から楽しみだった」

西日本スポーツ

 ◆全日本バレーボール高校選手権(春高バレー)男子2回戦 鎮西2-0埼玉栄(6日・東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 2大会ぶりの優勝を目指す鎮西(熊本)は、勝負どころでエース水町主将の攻撃がさえた。第2セットの終盤に埼玉栄の連続得点で18-17と1点差まで詰め寄られたが、ここから水町が強烈なスパイクやブロックで得点を重ねて突き放した。相手エースの砂川は中学時代からの親友。「昨晩から楽しみで、気合は十二分に入っていた」という一戦を制して16強入りを果たした。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング