東福岡の「キータ」ギータ級大活躍 難敵をフルセットで撃破

西日本スポーツ

 ◆全日本バレーボール高校選手権(春高バレー)男子2回戦 東福岡2-1愛工大名電

 昨夏の全国総体4強で4大会ぶりの頂点を狙う東福岡が、全国総体8強の愛工大名電(愛知)に競り勝った。

 最終第3セットで一時リードを許したが、要所で2年生エースの柳北悠李(やなきた・ゆうり)が躍動。スパイク、ブロックを決めて流れを呼び込んだ。名前がよく似たプロ野球ソフトバンク・柳田悠岐(やなぎた・ゆうき)級の力強いプレーにも「自分のプレーができず、3年生に助けてもらった試合」と満足はしていなかった。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング