西武ドラ1宮川は「出世部屋」 3万円の掃除機にちゃっかり愛社精神

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武のドラフト1位の宮川哲投手(24)=東芝=が6日、「出世部屋」からの飛躍を誓った。埼玉県所沢市の若獅子寮に入寮。あてがわれた部屋番号「13」は、昨年取り壊された旧若獅子寮で清原、松坂、菊池らが使った部屋の番号だ。新たな寮でも出世部屋から出世したと「言ってもらえる選手になりたい」と意気込んだ。

 9日からの新人合同自主トレに向け、昨年7月に稼働した新しい寮に新人たちが集結した。宮川は「今からがスタート。しっかり練習して出遅れないように」と力を込めた。真新しい施設に踏み入れると、ドラ1にふさわしい部屋が用意されていた。

 部屋番号は「13」。昨年はドラ1の松本が使用していた部屋で、旧寮では壁がぶち抜かれた13・14号室が大物ルーキーが入る出世部屋となっていたという。旧寮は昨年取り壊されたが、その“DNA”は受け継がれている。

 その出世部屋に3万円で購入した東芝製の掃除機を手に入寮。「きれい好きなので毎日掃除しようと思う。(東芝には)2年間お世話になったので」と笑みを浮かべて、ちゃっかりアピールした。ピッカピカの若獅子寮でスタートするプロ生活。「開幕1軍でしっかり任されたところを抑えられるように」。新たな挑戦が始まった。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ