ソフトバンク甲斐、ヤクルト嶋に弟子入り「どんな生活してるんだろう」

西日本スポーツ 倉成 孝史

 嶋に24時間密着! 福岡ソフトバンク甲斐拓也捕手(27)が6日、ヤクルト嶋基宏捕手(35)に弟子入りすることを明かした。9日から沖縄で約2週間の合同自主トレを予定。練習だけでなく生活の全てで百戦錬磨のベテランから捕手としてのエキスを吸収し、必ず3年ぶりのリーグV奪回に貢献することを誓った。

 尊敬してやまないベテランとの「共同生活」を目前にして、甲斐の目は少年のようにキラキラと輝いていた。6日は、ヤフオクドームを訪れ約4時間のトレーニング。球場近くの砂浜をランニングするなど、9日からの沖縄自主トレへ向けて体をいじめ抜いた。同地での約2週間の練習は、楽天からヤクルトへ移籍した嶋らと共に行う予定だ。

 3年ほど前から熱心にお願いを重ね、昨年も隠密ながら自主トレを共にした憧れの捕手から、今回も貪欲に学ぶ構えだ。「優勝も、きついシーズンもたくさんのことを経験されている方。震災の後もそうだし、野球人としても人としても尊敬している。たくさんいろんな話を聞きたい」。期間中は朝食、球場への移動、昼食を挟んでの練習、宿舎への移動、夕食、部屋での野球談議とほぼ一日中つきっきりで嶋を質問攻めにするつもりだと明かす。

 同じ捕手として、自身が正捕手になる以前から嶋の一挙手一投足に刺激を受けてきたという。「例えば連敗をしていても誰よりも大きな声を出しているし、投手へのジェスチャーもすごい。この人はどんな生活をしているんだろうと思うし、シーズンの過ごし方も聞きたい」。昨季まで2年連続で130試合以上に出場するなど正捕手に定着したが「自分はまだまだ足りないことばかりなので」と、長年にわたり楽天を支えてきたベテランから多くを学ぶことでさらなる成長につなげる考えだ。

 個人の成績ももちろんだが、扇の要として今年の最大の目標ははっきりとしている。「リーグ優勝、それしかない。143試合やって2位だった悔しさがある」。セ・リーグへと移籍したベテラン捕手から、昨年以上に技術と頭脳を盗み、必ずリーグV奪回へつなげる。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ