1文字だけの年も…ソフトバンクの年度別スローガンと順位、監督一覧

西日本スポーツ

 ソフトバンクは7日、今季のスローガンが「S15(サァイコー!)」に決まったと発表した。

 初年度の2005年から08年までの4年間は球団理念の「めざせ世界一!」がそのままスローガンだったが、09年以降は毎年、趣向を凝らして特徴的なスローガンを掲げている。

 ソフトバンクの年度別スローガンとリーグ順位、監督は以下の通り。

05年「めざせ世界一!」2位※王貞治

06年「めざせ世界一!」3位・王貞治

07年「めざせ世界一!」3位・王貞治

08年「めざせ世界一!」6位・王貞治

09年「フリキレ!! 全員、全開、前進ホークス。」3位・秋山幸二

10年「今年はやらんといかんばい!」1位・秋山幸二

11年「ダ(◯囲みのダ)」1位・秋山幸二

12年「VV(ブイブイ)」3位・秋山幸二

13年「超!ガツガツ行こう!」4位・秋山幸二

14年「俺(○囲みの俺)がやる。」1位・秋山幸二

15年「熱男(アツオ)」1位・工藤公康

16年「熱男(アツオ)2016」2位・工藤公康

17年「1(ワン)ダホー!」1位・工藤公康

18年「もう1頂(いっちょ)!」2位・工藤公康

19年「奪Sh(ダッシュ)!」2位・工藤公康

※勝率1位だがプレーオフ敗退し、当時の規定で2位

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ