ソフトバンクが仕事始め 王会長「日本シリーズ4連覇を」

西日本スポーツ

 4年連続日本一を狙うソフトバンクが7日、2020年の業務を始めた。

 福岡市のヤフオクドームで鏡開きが行われ、王貞治球団会長は「2020年はオリンピックの年でもある。特別にいい年にしたいという強い気持ちが湧いてきている」と話し「まず(19年に)果たせなかったリーグ優勝を乗り越え(日本)シリーズ4連覇を達成したい」と意気込んだ。

 今季は球団がソフトバンクとなって15周年。本拠地に隣接した商業ビルも開業予定で、後藤芳光球団社長兼オーナー代行は「福岡が日本で最も活力があり、全ての発信地となれる素材が次々と成長している。私たちも福岡市民、県民の強さを日本中に発信できたら」と抱負を述べた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ