ソフトバンク1位佐藤のライバル「めっちゃおもろいやつ」もドラ1

西日本スポーツ

 ソフトバンク2020新人紹介 ドラフト1位・佐藤直樹(下) 

 4年連続日本一を目指すソフトバンクに12人(支配下5人、育成7人)のルーキーが入団した。球団では41年ぶりに外野手の1位となった佐藤直樹をはじめ、支配下選手は社会人、大学生の即戦力候補が4人。1年目の活躍も期待される顔ぶれとなった新人たちの横顔を紹介する。(文中敬称略)

(中)からつづく

 兵庫・報徳学園高を卒業後、JR西日本入りした佐藤にとって社会人野球は憧れの舞台だった。「高校時代、京セラドーム(大阪)に試合を見に行って、応援がかっこいいなと思った」。もっとも、進路の決断にはもう一つの理由があった。「大きい会社だし、野球をやめてもそのまま仕事ができる」。そのころはまだ、プロの2文字はまったく見えていなかった。

 意識が変わったのは入社2年目の2018年。チームで外野のレギュラーを獲得すると、都市対抗野球にも出場した。「プロのスカウトから話しかけられて、初めて『いけるかな』と思った。高校ではまったくなかったので」。監督の花本輝雄も「入ったときから足と肩は一級品だったけど、打撃面でも硬さが取れてきた。ずいぶん成長してくれた」と目を細める。

 そして3年目、ドラフト解禁の年を迎え一つの誓いを立てた。「今年、絶対にプロに入る」。甘えを捨て一心不乱にバットを振った。その結果が如実に表れたのが今夏の都市対抗野球だ。チームは予選で敗退したが、JFE西日本の補強選手として出場。3番に座り3試合で14打数6安打3打点の活躍をみせ、大会優秀選手に選ばれた。

 中学時代からのライバルの存在も成長を促した。日本ハムにドラフト1位で入団したJFE西日本の最速151キロ左腕、河野竜生だ。兵庫県出身の佐藤と徳島県出身の河野は中学、高校時代に練習試合で対戦。佐藤は「当時から球も速くてすごい投手だった」と振り返る。高校卒業後、2人とも同地区の社会人チームへ進むと、互いの距離は急接近した。「お互い補強選手でそれぞれのチームに加わったこともあって、よく飲みに行くようになった。めっちゃおもろいやつですよ」。ともにドラフト1位で即戦力の期待を受ける。「いずれは名勝負と呼ばれるような戦いをしたい」と胸を躍らせる。

 「ドラフトで指名されたら車を買うたるわと言ってくれたんですけどね。その後は何の音沙汰もないですわ」。父義八はうれしそうに苦笑しながら「長くプロで活躍できる選手になってほしい」と息子の将来に夢を描く。「両親の支えがなければ野球を続けてこられなかった。これから恩返しをしないと」。大きな可能性を秘めた21歳は、感謝の思いを胸にプロの世界へ飛び込む。(長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ