2年生エース「勝てる相手だった」 春高バレー東福岡4強ならず

西日本スポーツ

 ◆全日本バレーボール高校選手権(春高バレー)男子準々決勝 東山2-0東福岡

 男子で4大会ぶりの優勝を目指した東福岡は、8強にとどまった。準々決勝で同じ昨夏の全国総体4強の東山(京都)にストレート負け。2年生エースの柳北は得点を重ねられず「東山は強かったけど、同じ高校生。僕が100パーセントでやれば絶対に勝てる相手だった」と悔やんだ。U-19(19歳以下)日本代表として昨夏のユース世界選手権にも出場した逸材は、右膝の状態が思わしくなかったこともあり「50~60パーセントの出来だった」と今大会を振り返る。減量など体調管理にも苦労し、課題を残した。最上級生で迎える次回に向け「周囲への感謝の気持ちを忘れず、心を入れ替えて日本一を目指したい」と決意を込めた。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング