ソフトバンク3位津森に元西武の大学監督はうなった「プロいける」

西日本スポーツ

 ソフトバンク2020新人紹介 ドラフト3位・津森宥紀(下)

 4年連続日本一を目指すソフトバンクに12人(支配下5人、育成7人)のルーキーが入団した。球団では41年ぶりに外野手の1位となった佐藤直樹をはじめ、支配下選手は社会人、大学生の即戦力候補が4人。1年目の活躍も期待される顔ぶれとなった新人たちの横顔を紹介する。(文中敬称略)

(上)からつづく

 「高校で甲子園に行けなかった悔しさを大学で晴らしたかった」。強い決意を胸に和歌山東高から仙台六大学リーグの東北福祉大へ進んだ津森は、いきなり衝撃のパフォーマンスを見せる。

 入学直後の1年春。前年に東京六大学の春、秋のリーグ戦と全日本大学選手権を制した早大とのオープン戦に先発で登板した。当初は1イニングの予定もサイドから浮き上がる直球で強力打線を手玉に取る姿に、元プロで西武での現役時代に幾度も日本シリーズを経験した監督の大塚光二は確信した。「もう少し見てみよう…が重なって結局4回無失点。これはプロにいける素材だなと感じた」

 ポテンシャルを見抜いた大塚は、1年生ながら津森をチームの中心に据えることを決断する。「おまえよりいいピッチャーはいない。起用はこっちで決めさせてもらうからしっかりやってくれ」。その言葉に津森も応えた。1年春からリーグ戦で投げ、2年で大学日本代表入りし日米大学野球に登板。3年時の全日本大学選手権では先発、救援で全試合に登板し計18回2/3で防御率は0・00。チームを14年ぶりの大学日本一に導き、自身も最優秀投手賞に輝いた。

 ドラフト上位候補の声が聞かれ始めた4年春、試練が訪れる。リーグ戦前にインフルエンザにかかり、調整不足のままシーズンイン。体だけでなく、心もまた不調だった。「それまではプロとか考えず思い切り腕を振ることだけ考えていたけど、4年生になりドラフトを意識して力んでしまった。すべてが狂った」

 連覇を狙った全日本大学選手権準々決勝の仏教大戦。3点リードの7回に満を持してマウンドに上がったが8回までに3点を失った。続投した同点の9回、スクイズを許しサヨナラ負け。失意のエースに大塚は言葉をかけた。「宥紀が気にすることはまったくない。打たれたのは俺のせいや」。重圧に押しつぶされた津森を救う一言だった。

 ソフトバンクでは救援起用が見込まれる。「甲斐野さんは1年目に65試合投げた。僕もそのくらい投げたい」。意欲をみなぎらせる右腕に大塚も太鼓判を押す。「生まれ持った体が強いし肩や肘も問題ない。80、90試合でも全く問題なく投げられる」。同大OBの「大魔神」こと佐々木主浩のような圧倒的なリリーバーを目指す。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ