タカのスッパマン?ソフトバンク3位津森が祖母手作り梅干し手に入寮

西日本スポーツ

 ソフトバンクのドラフト3位ルーキー津森宥紀投手(21=東北福祉大)が8日、福岡県筑後市の若鷹寮に入寮した。

 密封されたプラスチック容器2個を持参。「和歌山県出身なんで、おばあちゃんが漬けた梅干しを持ってきました。甘いのと酸っぱいのと2種類」と容器いっぱいに詰めてきた。これまで毎日のように口にし、大学時代も冷蔵庫に常備。「健康でいられる。あんまり病気しないですし、夏バテ予防にもなる」と効果を実感してきた。

 右横手から最速149キロを投じるリリーフ候補。プロの門をたたいて「ドキドキな気持ちが大きい」と言いつつ「しっかり練習して、開幕1軍で投げられるように頑張っていきたい」と意気込みは十分だ。

 「Dr.スランプ アラレちゃん」には電話ボックスで梅干しを食べて変身する「スッパマン」がいた。郷土愛を忘れない津森は正統派ヒーローを目指す。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ