浅見隼が4番手捲りでV ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(チャレンジ戦・7個レース)は8日の最終7Rで決勝戦を行い、浅見隼(東京)が4番手捲りで今年初、通算2度目の優勝を達成した。

 レースは前受けした石井洋輝(福島)が、みずから先頭誘導員を切って打鐘先行。すんなり3番手の宮崎大空(熊本)が2角から捲ると、それと同時に浅見も4番手スパート。宮崎は辺見斎(福島)のけん制もあって2番手でいっぱいになったが、その外を浅見は豪快に捲り上げ、粘り込む石井に1車身差をつけてVゴール。関東ラインで番手追走の土屋宏(群馬)が3着に入った。

【次回小倉ミッドナイト開催】
1月12~14日
A級1、2班戦(7個レース)
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ